2010年9月21日火曜日

河村市長をランチェスターの法則に当てはめてみる

私の知る限り、河村市長は、衆議院議員時代、いわゆる『政治の本流』に身を置いたことがありません。


ランチェスターの法則では、弱者に分類されます。


弱者に適した戦略は、局地戦・接近戦・一騎打ちです。

・名古屋弁全開の強烈なキャラクター
・自転車遊説
・「議員のボランティア化」「党議拘束の撤廃」「議会改革」「減税」などの、斬新な政策

これらは、とても優れた弱者の戦略です。

この戦略によって、河村たかし議員(当時)は注目を集め、テレビにもたくさん出演しました。


名古屋市長選でも、弱者の戦略を駆使して、圧勝しました。


河村市長は、名古屋市の行政トップになりました。

もはや、弱者ではありません。

弱者の戦略がうまく機能した時期は、もう終わりました。

戦略を変えなければ、自らの人気を落とします。


行政トップとして恥ずかしくない『横綱相撲』を取ってほしいと思います。

0 件のコメント: