2010年10月6日水曜日

#Librahack事件、パネル討論会(2)

10/4に書いた#Librahack事件、パネル討論会(1)に追記した内容の繰り返しになりますが、パネル討論会の開催趣旨には、以下の内容が含まれていました。
  • 問題の再発を防止するにはどうしたらよいのか。
  • 行政におけるシステム調達の技術評価の在り方。
  • IT業界はどのようにあるべきか。
  • 情報システムを扱う図書館や警察のような行政はどのように情報システムと向き合うべきか。
  • 社会はどのような方向へ向かうことが求められるのか。
  [開催趣旨の全文: パネル討論会:「岡崎市中央図書館ウェブサーバ事件」から情報化社会を考える - お知らせ]


この趣旨に沿った議論が行われたことを、早い段階で主張しなかったことは、私の落ち度だと考えます。
パネル討論会の開催に尽力された方々に対して、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

開催者、パネリスト、参加した聴衆、その場に居合わせた人々の間には、開催趣旨に関する共通認識があったと、私は確信しています。

ツイッターで、いくつかのご指摘を受け、私なりに精一杯考えました。
私が記憶に基づいて分析した印象では、パネリストの話には、以下の内容が含まれていました。

  1. Librahack氏のアクセスに対し、警察への相談→被害届の提出→逮捕という展開で、物事が発展していった原因・背景・環境・制約・歴史的経緯などについて、各パネリストが得意とする側面から解説する。

  2. 逮捕という手段に頼らずに解決する方法・手段を考察する。

  3. 今後の取り組み、対策等について考察する。

大屋氏は、司法と警察のロジックを考察し、再発防止のアイデアを述べられました。

岡本氏は、図書館の現状に関する解説と、今後に対する期待・提言を述べられました。
そのおかげで、図書館員が警察に相談しようと決意した心理を、理解することができたと思います。

残りのお二方の話にも、逮捕に至った理由、逮捕を避けるための代案、再発防止のアイデア、この3項目が含まれていたと記憶しています。


特に大屋氏の発言に対して、批判が多いので、蛇足ながら、まとめてみたいと思います。

  • 脳梅毒の判例に言及したことについて
    「法律(司法)の世界では、市民感覚とずれた判断がなされることがある」
    大屋氏は、それをほのめかすために、この判例を取り上げたと推察します。
    市民感覚とはかけ離れた逮捕が、起きてしまった背景を説明する意図を感じました。

    結果に対する責任があり、その責任を行為者に負わせることができる脳梅毒事件と、
    結果に対する責任があるが、その責任を行為者に負わせることができないLibrahack事件

    そういう大屋氏の見解が、ツイッターでは正しく伝わらなかったのかもしれません。

  • Librahack氏と図書館の事前協議について
    asahi.com:岡崎図書館問題で討論-マイタウン愛知 で報道されたように、
    「逮捕された利用者と図書館の間で事前に協議があれば事件にならなかった」
    と、大屋氏が発言したことは、私も記憶しています。

    ただし、大屋氏は、Librahack氏が事前協議を申し込んでも取り合ってもらえなかったろう、という旨の発言もしていることから、現実的な手立てとは思っていなかったと推察します。

  • 起訴猶予で止まっているから冤罪ですらないについて
    逮捕と起訴猶予という流れは大屋氏の想定範囲内の出来事であったと推察します。
    ただし、「逮捕≒有罪」という市民感覚、20日以上の勾留とそれに伴う経済的損失は甚大である、という旨の発言をされていました。

  • 警察の能力について
    これも、#Librahack事件、パネル討論会(1)の繰り返しになりますが、日本の警察は、全体としてみたときに、
    「Librahack氏のアクセスには悪質性がなく、よって、閲覧障害の責任を負わせることは適切でない」
    という判断を下すのに十分な能力を持っているが、それが偏在しているため、高い能力を有している部署と、能力が不足している部署、地域、個人等が存在する、という旨の発言をされています。

Librahack氏の名誉回復を願う人が、パネリストの名誉を汚している、それを解消できない自分を情けなく思います。

同じ部屋で、パネリストの顔を見ながら話を聴いた私の印象を、ネットの向こうにいる人のそのまま伝えることはできないでしょう。

しかし、パネリストに対する一部のツイートは不当である、と私は主張します。

どうか、正しい理解が得られますように。

2010年10月4日月曜日

#Librahack事件、パネル討論会(1)

Librahack事件に関するパネル討論会を聞いてきました。

帰宅後、ハッシュタグへアクセスすると、私がパネル討論会で受けた印象とは、まったく異なる方向へ議論が進んでいて、とても残念に感じました。
参加した人と参加しなかった人とのギャップを埋めたいと思い、いくつかのツイートをしましたが、かえって混乱を招きました。自分自身の力不足を痛感しています。

力不足をさらに露呈させる結果になるかもしれませんが、パネル討論会で得た、私の解釈をまとめてみたいと思います。


まず、2つの前提から話を始めます。


  • 前提1
    岡崎市立中央図書館のウェブサーバーに、想定外の「閲覧障害」が発生した。
    その障害は岡崎市立中央図書館にとって、業務に支障がある現象である。
    調査の結果、業務妨害罪が成立するために必要とされている要件のいくつかを満たしているように見える。
    よって、『業務妨害罪が成立するかもしれない』という疑いを持つ状況(土壌、環境)は存在した。
  • 前提2
    Librahack氏のアクセスと岡崎市立中央図書館の閲覧障害には、因果関係があった。

 前提1と前提2から、Librahack氏が『現場』に『居合わせた』可能性は、極めて高い。


ここから先は、パネル討論会で得た私の解釈です。

刑事事件が成立するには、「構成要素」と「有責性」を満たす必要がある。

岡崎市立中央図書館のウェブサーバーが閲覧障害に陥った現象は業務妨害罪の構成要素を満たしている、そう疑うことができる状況だった。

もう一方の有責性について。
これは、業務妨害罪の責任をLibrahack氏に負わせることができるか、を問うものである。
検察が、Librahack氏を起訴しなかったことを見ても、
「その責任をLibrahack氏に負わせるべき」
と断言することはできない(有責性はない)。

日本の警察は、全体としてみたときに、
「Librahack氏のアクセスには悪質性がなく、よって、閲覧障害の責任を負わせることは適切でない」
という判断を下すのに十分な能力を持っている。

ただし、その能力は偏在している。
高い能力を有している部署と、能力が不足している部署、地域、個人等が存在する。

局地的な能力不足を補う仕組みは存在するが、それが正しく活用されないこともある。
能力の不足が補われず、暴走をしてしまったとき、この不幸は生まれた。

ただし、能力不足の暴走は、検察の起訴猶予処分によって止まった。
裁判にすらなっていないので、法律上は冤罪でない。

とはいえ、「逮捕=有罪」という市民感覚や、20日以上の勾留とそれに伴う経済的損失は甚大である。
そのため、逮捕に対して警察はもっと慎重であるべき、という指摘はもっともである。

警察自身もそれを理解しているらしく、他の国々比べ、日本の警察は逮捕に対して慎重な態度をとる傾向がある。

本来であれば、大屋氏の発言なのか、他のパネリストの発言なのか、私自身の意見なのかを、分けて書くべきと思いますが、私の頭の中では一体化してしまっているため、私の主観がたくさん紛れ込んでいると思います。
この文章を大屋氏やパネル討論会自体の批判に使うことは望みません。
私に対する批判はツイッターで承ります。


蛇足ですが、この事件に対する私の思いを述べます。

  1. 『警察の中に存在する局地的な能力の不足が暴走する土壌 ──要するに、サーバーが止まった原因── を下ごしらえしたのは、三菱電機インフォメーションシステムズである』、という推察が立証され、Librahack氏に対する謝罪と名誉の回復が速やかに実現することを期待します。

  2. 「局地的な能力不足」が適切に補われ、暴走を食い止める仕組みが構築されること、および、その仕組みが適正に活用され続けることにより、今後、同じような不幸が繰り返されないことを期待します。


パネル討論会に参加した人と参加しなかった人のギャップが、少しでも埋まれば幸いです。



2010/10/06 追記
このパネル討論会の開催趣旨には、以下の内容が含まれていました。
  • 問題の再発を防止するにはどうしたらよいのか。
  • 行政におけるシステム調達の技術評価の在り方。
  • IT業界はどのようにあるべきか。
  • 情報システムを扱う図書館や警察のような行政はどのように情報システムと向き合うべきか。
  • 社会はどのような方向へ向かうことが求められるのか。



この趣旨に沿った議論が行われたことを、早い段階で主張しなかったことは、私の落ち度だと考えます。
パネル討論会の開催に尽力された方々に対して、申し訳ない気持ちでいっぱいです。


2010/10/06 追記2
タイトルを修正しました。