2011年7月21日木曜日

河村市長の「名古屋独立採算制」を検証する

昨日(7/20)、河村市長は、総務環境委員会に出席し、中京都構想について語りました。
河村市長の発言で、私が気になったのは、「独立採算」という言葉です。
この言葉について、拙い考察をしてみます。

◆前提
河村市長が主張する「独立採算制」を、私は次のように理解しています。
  1. 真の地方自治を実現するには、財政の独立性を確保することが重要である。
  2. 名古屋市が国に代わって税を徴収し、国からの請求明細に基づいて対価を支払う。
これを前提として論を展開します。

◆国の財政
SankeiBiz(サンケイビズ)に掲載された記事「国の借金、1千兆円に迫る 国民1人当たり783万円 23年度見通し」によると、平成23年度末の国債と借入金、政府短期証券を合わせた国の債務残高は、997兆7098億円。
国の人口を1億2700万人として換算すると、783万円になります。

また、平成23年度の一般会計総額は92兆4116億円であり、国民一人当たりで換算すると、72万7650円となります。

◆名古屋の財政
Yahoo!ニュースに掲載された中央公論の記事「やっぱり名古屋は減税だぎゃあ(その2)=名古屋市長・河村たかし」の中で、河村市長は次のように述べています。
名古屋市は国税を一兆五〇〇〇億円払っているのに、国からもらっているのは一五〇〇億円なので、一兆三五〇〇億円は国へ上納しています。

また、名古屋市公式サイトのページ「名古屋市:今後の財政運営について(市政情報)」によれば、名古屋市の市債残高は1兆8503億円です。


◆検証
国民一人当たりの一般会計 72万7000円
国民一人当たりの国債残高 783万円
名古屋市の人口 225万人

この数字を使って「名古屋の独立採算制」を検証します。

まず、225万人の名古屋市民が72万7000円の一般会計を負担しているので、名古屋市は1兆6372億円を国に支払うことになります。
河村市長が「国に上納している」と表現する1兆3500億円より2872億円も負担が増えてしまいます。

また、国の債務残高997兆7098億円は名古屋を含めた”オールジャパン”で借りた借金です。
名古屋がオールジャパンから離脱するなら、応分の借金は持って出るのが筋でしょう。

225万人の名古屋市民が、783万円の借金を持って出ると、17兆6175億円の借金を負担することになります。
現在名古屋市が抱えている借金、1兆8503億円の9.5倍です。
たとえ名古屋市内に存在する国の保有財産を、すべて名古屋市が譲り受けても帳尻は合わないでしょう。
それどころか、維持管理の責任も引き受けることになり、さらに支出は増え、損をすることになりかねません。

◆まとめ
以上、金勘定が苦手な私にしては珍しく、具体的な数字を上げて検証してみましたが、実のところ、具体的な数字を計算する前に、このような結果になることは予想していました。

政府は、国の仕事・国の事業だと思うから、国の責任で赤字国債を発行し、事業を執行しているはず。
『名古屋のことは、名古屋が責任を持つから、独立させてくれ』と宣言する自治体の代わりに、借金をしてやる必要なんて、どこにもありません。

そもそも、1兆3500億円上納してると、胸を張る態度が誤りだったと、私は思います。

河村さんが市長でいる間に、名古屋市の独立採算制が実現するなんて、誰も考えていないでしょう。
『どうせ実現しないから』と、絵に描いた餅ばかり口にするのはもう止めて欲しいと思います。

※平成23年度末の数字と平成22年度末の数字が混在していますが、どちらの数字を使っても、主張の論旨を変えるほどの差異は生じないため、リンク先の数字をそのまま使用しました。

2011年7月9日土曜日

目的を伴った政治

今朝、ツイッターに次のようなツイートをしました。

教育、福祉、医療、防災。目的を伴った議論は意見が割れる。税を減らす、議員報酬を半減する、選挙による住民自治、県と市の連携を強化する。河村市長の政策は手段であって、目的でない。いま名古屋市は目的を見失い、お題目ばかりのハリボテになっている。

なるべく多くの方に関心を持ってもらいたいと、あえて『目的』という曖昧なキーワードを使ったのですが、「河村市長衆院選出馬を検討」のニュースにかき消されてしまいました(笑)


ツイッターでは曖昧にした「目的を伴う」という言葉について補足します。

きっかけは『白熱教室』のマイケル・サンデルに関する新書でした。
アメリカの政治は、善悪の判断に踏み込まず、正義(権利の保護)を重視しすぎ、という批判が載っていました。

それについて、あれこれ考えを巡らすうちに、ふと思いつきました。
河村市長の政策は、価値の判断をしていない!

たとえば、減税。
財源を行革で生み出す、と無から有を生み出すような主張は、目的を伴わない主張。

行政サービスの質を維持するより、減税をした方がよい。
有事の備え(財政調整基金)より、減税の方が重要。
将来世代の負担増(市債発行)より、現在の名古屋市民の負担軽減(減税)の方がよい。

と、価値の判断に踏み込めば、目的を伴う主張。


どちらの価値観を支持するか、を有権者に問うのが目的を伴った政治であり、ポピュリズムではない政治ではないか、と感じています。

2011年7月5日火曜日

河村◯かしの辞書に・・・

この記事はフィクションです。
実在する個人、団体とは一切関係ありません。
ブラックユーモア、風刺、皮肉としてお楽しみください。

ボランティア【volunteer】1.無償奉仕。2.志願兵。

ボランティアぎいん【ボランティア議員】1.市民並み給与で働く議員。名古屋市の場合、年額800万円。2.最長2期8年で引退する議員。ただし、減税日本結党より前の当選回数はカウントしない。3.議員の他に職業を持つ議員。兼業議員。副業議員。4.減税日本に公認または推薦された議員。

みんしゅしゅぎ【民主主義】1.「選挙によって示された民意」を振りかざし、対話もせずに丸呑みを強要するやり方。2.あらゆる規制を撤廃し、自由を尊重するやり方。党議拘束は諸悪の根源。3.ワシは自由が好きだでよぉ。

しみんぜいげんぜい【市民税減税】一丁目一番地。

こくさい【国債】日本とギリシャは違う。

しさい【市債】借金ではない。財産です。

ちいきいいんかい【地域委員会】民主主義のつくしんぼう。

ぎいんほうしゅうはんげん【議員報酬半減】庶民革命。

しょみん【庶民】庶民は庶民だがね。ラーメン屋のオヤジとか、いっぴゃあ、おるでしょうぉ。

ドラゴンズ【Dragons】帽子は選挙の必須アイテム。

もえよドラゴンズ【燃えよドラゴンズ】選挙のテーマソング。

ごおくえん【五億円】1.ストップ・アンド・シンクには、つきもの。2.現在の契約の中で、ご検討いただきたい。

やくじほう【薬事法】法律は法律だもんで、ゴニョゴニョゴニョ・・・。

ちゅうきょうとこうそう【中京都構想】大村さんとタッグを組んでどえらけにゃあ事をしますんで、ゴニョゴニョゴニョ・・・。

きょうさんとう【共産党】ファシズムみてゃあで、ワシは嫌ゃあだ。


この記事はフィクションです。
実在する個人、団体とは一切関係ありません。
ブラックユーモア、風刺、皮肉としてお楽しみください。

2011年7月1日金曜日

もし私が中村議長だったら

もし私が中村議長だったら、どのように行動するだろう?
記者に納得してもらい、適切な措置を取ったと報道してもらえるだろう?
市民に対して、議長の責任を全うしたと胸を晴れるだろう?

・・・と妄想してみました。


まず、真っ先に河村市長と面会し、次のように話します。
政務調査費について実質的な調査ができないという、市長の認識は誤りです。
 議長には、踏み込んだ調査をする権限があります。
 記者の話では、田中康夫さんが、市長知事として、例外的に調査をしたこともあるそうです。
 名古屋市会で政務調査費について疑わしい点があれば、私が議長の責任において、しっかり調査をします。
 だから、『政務調査費の支払いを停止する』という発言を撤回してください。


もし河村市長が、発言の撤回に難色を示したら、次のように畳み掛けます。
一年生議員の分際で、議長という大役に挑戦する私に免じて、思いやりのある対応をお願いします。

とにかく、土下座でも何でもして発言の撤回を取り付けます。

その上で、次のようにお願いします。
則竹さんの政務調査費についてなるべく早く事情聴取をします。
 則竹さんの話にあいまいな点があれば、市長さんにもお話を伺うかもしれません。




次に則竹さんの事情聴取。

秘書の勤務実態について聞き取り、それを証明する書面を提出してもらいます。
また銀行の預金通帳のコピーを提出してもらいないかとお願いします。



時期を前後して秘書にも事情を聞きます。
則竹さんの話と突き合わせ、矛盾がないか確認します。



さらに、浅井団長と面会し、他会派とどのように交渉したのか確認します。
上記のように対応することを団長に報告し、事態を混乱させたことを他会派に謝罪してもらいます。

則竹さんの政務調査費だけは私の手で調べたい。
 それの結果が不十分なら、辞職を受け入れる

これを切り札にします。


どうかなぁ・・・。

追記:名古屋市会議長 中村孝太郎氏の記者会見

中村議長、記者会見

名古屋市会がYouTubeにアップした、名古屋市会議長 中村孝太郎氏の記者会見について、感じたことを順不同で列記します。

  • 中村議長は、市会議長による「調査」とは、「領収書に目を通すこと」であり、それ以上の調査は必要ないし、権限もないと認識していた。
  • 中村議長の主張する『調査』とは、『古い領収書と新しい領収書を見比べること』
  • 中村議長は、則竹さんの問題について追加調査をすることを考えていなかった。
  • 中村議長は、河村市長から依頼された調査を聞き流した。
    政務調査費に不審な点があれば、自分の判断で調査を行うのが議長の勤めであり、誰かから依頼されてやるものではないのに、書面で依頼してくれと河村市長に答え、そのまま放置した。
  • 中村議長は、6/22の会見の段階では議長に踏み込んだ調査ができることを知らなかった。
    それをいつ知ったのか、どのような経緯で知ったのかと質問されても、はっきり答えられない。
    もしかしたら、この会見の瞬間も知らなくて、記者の口ぶりから答えを探っているのかも。
  • 河村市長が、『誰も調査できない』と吠えていたのは、市長の勘違い、事実誤認。
    例外的に市長が調査をすることも可能。
    中村議長は、それを後で知ったが、それを市長に伝えることはしていない。
    市長は、この段階でも誤解したまま。
  • 河村市長が、『政調費の支払いを停止する』と吠えたのも事実誤認。
    支払停止を強行すれば法に触れる行為。
  • 中村議長は、同窓会について減税日本の誰かと話をした。
  • 中村議長は、団の総意として議長を続投すると主張している。
  • 中村議長は、浅井団長が、議長辞任という約束を他会派とするはずがないと考えて一任した。
  • 中村議長は、浅井団長が他会派とどのような約束をしたか確認していない。
  • 中村議長は、事態が混乱しているとは考えていなかった。
  • 中村議長は、病院にいたため電話に出られる状態ではなかったが、電話がかかってきたら出る、と意味不明な受け答えをしている。
  • 中村議長は、『やめろと言われればやめる』と口先では言うが、『やめろと言われるわけがないから、絶対にやめない』と考えていることがヒシヒシと伝わってくる。
・・・どれだけ言葉を尽くしても、レベルの低さを伝えることができません。
ぜひ動画を見てください。

現在の取り組み

いろいろ手を広げすぎて収集がつかない状態になりつつあります。
私がいま、手を付けてることについて整理します。


2011/04/20 名古屋市”公式”動画一覧 [市長会見・本会議・委員会] 開設
名古屋市が公式に公開している動画を時系列で一覧することを目的としています。
名古屋市は、市長定例記者会見、本会議、委員会、議長・副議長記者会見を動画で公開しています。

これらの動画は内容ごとにページが分かれているため、時系列で視聴しようとすると、かなり手間がかかります。
その手間を簡略化することを狙いました。
Googleドキュメント(スプレッドシート)で作成したので、カスタマイズに限界があり、メンテナンスを自働化することも難しいという欠点がありました。
その欠点を克服するため、名古屋市政データバンク β版(後述)にバトンタッチしました。


2011/05/01 名古屋市議会 超入門 開設
河村市長と議会はどうして対立しているのか?
どんな経緯があるのか?
それぞれの主張は何か?
これらのテーマを中立的にまとめたいと思って開設しました。

一次ソースを併記し、客観的な事実を積み上げると、市長の言い分に矛盾があること、議会の改革が進んでいることが明らかになると意図していました。
中立であることが難しく、滞っています。


2011/05/16 名古屋市政データバンク β版 開設
前述のとおり、名古屋市が公式に公開している動画を時系列でお手軽に視聴することを目的として開設しました。
Googleサイトのリスト作成機能で作成した市会議員一覧 - 名古屋市議会 超入門という一覧に、カスタマイズを加えたいという狙いもありました。

プログラムを自作しているので、普通のブログのように文章を書くだけではすまず、時間がかかっています。


2011/06/08 A.A.K!河村市政に改善を求める市民の声 開設
中立であることが難しいなら、河村市長への反対を明確にしてしまえ、と思い開設しました。
6/20に名古屋市が開催した『協働のあり方を考える市民フォーラムについて』というフォーラムに、市長反対派や市長懐疑派を誘導できたらいいな、という狙いもありました。

地域委員会について真剣に考えているうちに、関心が移ってしまって放置しています。

現在 「もし河村たかし名古屋市長が生煮えの地域委員会を全市拡大したら」を書きたい
ドラッガーの『マネジメント』を世に広めることを狙ったベストセラー『もしドラ』にあやかって、何かと分かりにく地域委員会を身近に感じることができればと思っています。

どうやら「もしドラ」も作者がはてなダイアリーに掲載した記事がきっかけみたいです。
手始めに、玉置市議のブログ田代地域委員会の議事録を並行して読んでいるところです。


遡って考えると、昨年の今頃、私はまだ河村市長の主張を信じていました。
ある程度の説得力があり、信用できると思っていました。
それに反対する議会は間違っていると思っていました。

そういう前提でいろいろな人に議論をふっかけ、
調べたり、勉強したり、教えてもらったりするうちに、
河村市長の主張が事実と反すると確信しました。

事実と反する主張がまかり通っていることが腑に落ちない。
事実を知れば、河村市長の嘘やごまかしが見えてくる。
どうすれば、広く事実を知ってもらうことできるだろう?

そう思いながら手当たり次第に試している、というのが現状です。